プロフィール

ななやん

Author:ななやん
ドラネスでネルウィン鯖で遊んでますw
見かけたら気軽にささください、喜びます☆(ゝω・)vキャピ
相互リンクも大歓迎ですよ
(´;ω;`)ウゥゥ


~キャラ紹介~

メインキャラ



名前:ななにぃ

職:クルセイダー

誰かを助けるのに理由がいるかい?

目標:誰よりも強いスマイトにしたいw




サブキャラ



名前:ハルジオンK

職:インクイジター

32スキルのホーリークロスバーストを使いたいがために
作ったプリーストw
コンセクを置いてからのジャッジメントはロマン

目標:出来る限り誰も死なせない!(キリッ







名前:ツクヨミo

職:レイヴン

盗賊系の職は基本的に聖剣とかで好きだったので
実装後すぐ作ったっていう・・・案の定楽しい職だった

目標:デバフスキルやクロウの使いどころ間違えないようにしたい


カテゴリー


ドラゴンネストアンテナ


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違う見方をすれば・・・



はか

いきなり修羅場からこんにちわ



迷宮の撮り直し

まだ行ってないので、記事にするのは当分先になりますw


最近忙しくてっていうか、ここ1週間 屋外作業なんですね

梅雨も明けちゃったのか、午前中とか雲一つないんですw

もう快晴すぎて、そりゃ7時間?も外で作業してたらゼネやる気にもならないっていうかw

腕とか真っ黒でしてね、肩あたりと比べたら本当に白人と黒人くらいの差がありますw

そんなわけで、迷宮はちと先になりますw




仕事が落ち着いたそうで、久しぶりにサンバさんがインしてきましたw

ギルダン行こうってときにですね、面子を見ると

俺合わせて戦士5人になったんですねww

こりゃつまんねえ!ってことで、久しぶりに盗賊起動しましたw

AS使うのも飽きてたんで、終始DSでやりましたw

ログ頭を被って、気分的にログ2状態ですb(ラプターではなくログ2w

girudan.png

結構楽しめましたw

ドロは相変わらずでした┐(´-`)┌





とまぁ、今回の記事は迷宮の記事は当分先になるよ!って伝えるための記事だったんですが

そういえば、明後日の金曜は となりのトトロ ありますよね

実はですね、となりのトトロって都市伝説があってですね


ちょっとサイトからのコピペですが、よかったら読んでみてくださいw

ちと長いけど、なかなか理にかなっていて面白いですよw





↓ここからコピペ


今、ネットで話題になっている、『となりのトトロ』の裏話を皆さんご存知でしょうか?
最初は、「ぷっ、暇なやつっているよね、くだらないね。都合が良いように解釈すればどうとでも・・・。」と思っていたのですが、
よく読んでいくうち、明らかに”含み”を持たせているのが分かります・・・。
偶然では片付けられません。

結構怖いですよ。ではどーぞ。




先ずは『となりのトトロ』の予備知識



舞台は狭山丘陵が広がる、埼玉県所沢市松郷地区。当時、所沢周辺は結核患者の療養地であった。

「トトロ」の由来は、宮崎駿監督の知り合いの女の子(姪?)が「所沢」と言う地名を言えず、「トトロザワ」と言ったことに由来する。

2人の子供の名前はサツキ→「皐月」、メイ→「May」でいずれも5月を表している

はてなダイアリーから抜粋





では一気にいきますよ!





【本当は怖い”となりのトトロ”裏話】



さつきとメイは途中で本当は死んでしまい、
それを父親が想像で生きていたらこうなっていて欲しかったと
書いたのがとなりのトトロであり、
作中でずっと書いていたのはその原稿だという説。

(さつきとメイがトトロと一緒にでかい木の上で何か吹いていたシーン、
あそこでお父さんがチラッと木を見やり、少し満足げにして書類に向かう。
確かに違和感あり。父の想像を臭わせます。)





まず、トトロというのは死神、冥界への使者であり、トトロに会った人は死が近い、
もしくは既に死んでいるという裏設定。

『トトロ』とはサツキがメイに「トロルのこと?」と聞き直した様に、トロルをモデルにしています。
トロルは地方によって異なりますが、死神であったり、気に入った者には幸福をもたらしたり、またある時は子供をさらうと言われています。





そして母親の入院していた七国山病院のモデルとなった
八国山病院という実際にあった病院は
末期患者や精神疾患患者を収容する場所であったという話。

上記の通り、当時の所沢周辺は実際に結核患者の療養地でした。


(母親の病気は結核であるとウィキペディアにも記されています。結核は1950年までは日本人の死亡原因のトップ。となりのトトロの時代設定は1950年代・・・)






メイが行方不明になって池でサンダルが見つかる騒ぎが途中でありますが、
あの時既にメイは池で水死しており・・・

「これ・・これだよ」
老婆の差し出したサンダルを見てサツキは凍りついた。それはメイの物であった。
しかし、サツキはぐっと唾を飲み込み、言った。
「メイのじゃない・・・」

(確かに引きつっていました。)


今ここで本当の事を言えば、間違いなく老婆は卒倒するであろう。
老婆の身を思い、サツキは嘘をついたのだった。
妹の死を悟り、その場にしゃがみ込むサツキ。

(メイのサンダルの詳細。
ピンクで、つま先の方が2~3本のひもで、踵にも一本あるタイプだ。
沼から出てきたのは、つま先が2本、踵ヒモもあるタイプだ。そしてピンク。)







メイの物ではないと聞き、安堵してしゃがみ込む老婆。
そしてサツキは気付いた。メイは病院へ行こうとしていた。
ならばメイの魂は未だ病院を目指して迷子になっているに違いない。

「このままではメイの魂は永遠に迷子のままになってしまう・・・」
「いや、もしかしたらどこかで生きているかも知れない・・・」
サツキは決心した。かつてメイがトトロに会ったという場所で語りかけた。

「お願い・・・トトロに会わせて!!」
木のトンネルを進むサツキ。その先には以前は無かった道があった。
サツキの言葉が冥界への扉を開いたのだ。
そしてその道の先には冥界の番人、トトロがいた。




「トトロ、メイが迷子になっちゃったの。探したけど見つからないの。
お願い、メイを探して!今頃・・・きっとどこかで泣いてるわ・・・
どうしたらいいか分からないの!」

「みんなには見えないんだ・・・」



というセリフから分かるように、さつきは自ら冥界への扉を開け、
魂を運ぶ乗り物である、猫バスに乗ってメイの元へ向かったのです。
(ネコバスの行き先表示の札に「墓道」が出てきているのも暗示・・・)







さらに病院のシーンでは母親が



「今、あの木のところで、さつきとメイが笑ったような気がした」


と言う。なぜ母親だけに二人の姿が見えた気がして、
尚且つ二人は近くまできているのにも関わらず、実際には両親に会わずに
メッセージ付きのトウモロコシを置いていったのでしょうか?
それは二人が既に死んでいるからです。

そして、父親は全く気が付かなかったのに対し、母親だけが死んだメイとサツキの気配に気づいたのは、
母親にも死期が近づいていることを現しています。


(生きている子供のことについて、「あの木のところで・・・」なんて言うでしょうか?
そして、母親に会わなかったのは心配かけまいとして・・・と言うのであれば、なぜ
メッセージ付きのトウモロコシは置いていったのでしょうか。

メイとサツキは父親にはトトロのことも猫バスのことも揚々と話していました。
「心配をかけまいとトウモロコシだけ置いて帰った」というのは、不自然すぎます。)


母親の発言に対し、父親も「案外そうかもしれないね。」

もし生きているなら「こんなところにいるわけがないだろう。」
が自然な台詞です。
否定しないのは、父親は二人が死んでいるのを知っているからです。





・メイが行方不明になった後から、メイの影がなくなっている。

・最後のシーンでは全員が若返っており、実はあれは後の話ではなく、生前の昔のシーンをくっつけハッピーエンド風に仕立てただけ。 もしくはエンディングの歌が始まって以降は本編とは別の終わり。
(サツキの服装を見ると、スカートではなくつなぎのようなものを着ています。これは現実ではなく、父の想像かも知れません。)



・所沢市に隣接する狭山市で起きた、女子高生が殺害された狭山事件をモデルにしている?

サツキ=皐月
メイ=May=五月
狭山事件発生日が5月1日

狭山事件では誘拐された女子高生の姉が犯人との交渉に参加している。

トトロの舞台は狭山丘陵が広がる、埼玉県所沢市松郷地区(所沢市)。






狭山事件(さやまじけん)とは、1963年5月1日に埼玉県狭山市で起こった、高校1年生の少女を被害者とする誘拐殺人事件。同年5月23日に被差別部落出身の石川一雄(当時24歳)が容疑者として逮捕されたが、一審の死刑判決後に冤罪を主張。その後、無期懲役刑が確定して容疑者の石川は服役した(現在は仮釈放されている)。

しかし、捜査の過程におけるいくつかの問題点がさまざまな立場から提起されており、石川とその弁護団及び支援者が、冤罪を主張して再審請求をしている。また、容疑者が被差別部落出身であったことから、この事件は部落差別との関係を問われて大きく取り扱われることになった。なお、差別による冤罪を主張する立場からは、この事件に関する裁判は狭山差別裁判と呼ばれる。







ここまでなら「偶然5月だった」という解釈も出来るのですが、宮崎駿監督は左翼としても有名な方です。ググれば一発です。彼が学生運動に参加している時代に狭山事件は起きています。
(どなりのトトロと同時上映された「蛍の墓」もメインテーマは妹の死でした。)


つまり、宮崎駿監督がこの事件について精通している可能性は高く、これを皮肉って『となりのトトロ』に盛り込んだのでは、という見方も出来るわけです。

一見平和で高度経済成長によって最先進国となった”完璧な日本”が『となりのトトロ』の表向きな姿であり、しかしその裏には人種差別や理不尽な国家権力という巨悪が潜んでいるのに、なぜ気がつかない?そんなメッセージの可能性はないでしょうか。

「となりのトトロ」の劇場での上映が、戦争によって死んで行く悲しい兄弟の話「火垂るの墓」と同時上映だった点からも、何か通じるものを感じます。


さつき、メイ・・・被害者、子供、無垢な存在
トトロ・・・闇、巨悪、日本、一見して平和的で良い子(国民)の見方しかしその真の姿は・・・。
お父さん・・・監督
視聴者・・・日本国民、気づかない人達





ここまでw

まだ、これを知ったのは最近のことなので

明後日の、となりのトトロはこの見方で鑑賞しようかと思っていますw

実際に病院に行ってからのメイの描写には影がないらしいので、それも確認したいですね・・

あとメイの履いていたサンダルと池で見つかったサンダルも確認しないとw

笛を吹いてるときのお父さんの描写とか意味不明だったし、そう考えると怖くなってきましたw



しかし、ほのぼのとしたアニメが、見方を変えるだけでこんなに悲しいものになるとは・・・

とりまギルメンには話したので、終わった後のトトロ話は楽しいことでしょう(ぁぁ

でぁマタネッ(*^-゚)/~Bye♪

スポンサーサイト

コメント

読みたくないのに、読んでしまうという罠におちいり・・・
ぱぷ早く帰って来ないかなぁ・・・

最近、姫が、あらぬ方向を見て、笑ってたり、話してたりするから、何気に怖がりのママはドキドキで、トトロを見ようか悩んでしまったでわないかっ!w

怖くて寝れない。

ヴォルフさんのブログの画像を見ちまったことも合わさって怖さ10倍だぞ。

ああ、怖くて寝れん。

これは今後、トトロ系の曲を演奏する時の考え方にも影響しそうな話題だ。

あ~怖くて寝れない。

台所にゴキブリが・・・

怖くて寝れない。

まゆ>前スピンさんと話してたが
小さい子供は本当にそういうのがあるらしいね・・・
コェ━━━━━(((( ;゚Д゚)))━━━━━━ッ!!!

シザさん>都市伝説だから・・・w

あとゴキブリ関係なくねwww

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanaya1128.blog118.fc2.com/tb.php/167-e7d19da9

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。